初めての豆腐作り

日本から調達してきた苦汁を使って

念願のお豆腐作り♪

久しぶりに新しいことに挑戦するので

かなりワクワクしてます!

美味しくできますように。。。

昨晩からつけて置いた大豆を

ミキサー流し入れますかけ

生呉と呼ばれるものにします。

b0189406_17455791.png

そしてその生呉を沸騰させるのですが

ラテにしか見えません。。

沸騰するにつれて泡がメレンゲ状に!
b0189406_17460801.png
b0189406_17463653.png

この濾したものが豆乳です。
b0189406_17471709.png

そして
出来立てホヤホヤのおからです♪
b0189406_17472601.png

75度まで豆乳を温めます。
b0189406_17481204.png

にがりを入れて、温度が下がらないよう
鍋帽子をかけます。

b0189406_17482427.png

15分くらい経つと固まってくるので

型に流し入れます。
b0189406_17491617.png

ちょうど椎茸を戻していたので
それを使って500グラムで重石をしました。

b0189406_17492667.png
はいここで↑重大ミス!

底と蓋がはんたーい、、、。

重しの意味ありません、ただそこにあるだけ(笑)

遅いかもしれませんがもう一度重しをのせて。

b0189406_18072151.png

出来ました〜!

木綿豆腐の固さです♪


b0189406_18072927.png

意外と簡単で、続けていけそうな予感です。


何ヶ月か前 
近所のオーガニックショップで大豆がないか尋ねたら
快く取り寄せてくれて在庫を置いてくれたのですが、

納豆のためだけに買っていたので
そこまで大量に買えず
申し訳ないなーと思っていたのです。

これで大豆を置いてもらった意味があるくらい
定期的に買えるなー
なんてことを思ってます。

[PR]
# by lisawell | 2017-09-15 18:24 | マクロビ | Comments(0)

イギリス観光いろいろ


Roman Caerleon

ウェールズのニューポートにある
ローマ帝国時代の要塞都市跡に行ってきました。

博物館には、鎧や武器などを見ることができます。

少し歩いたところに

円形闘技場↓ここで兵士と猛獣が戦っていたのでしょうかね~

現在は芝生に覆われ子ども達がかけっこしたり

のどかな感じです♪
b0189406_17134652.jpg

b0189406_17134749.jpg
少し行ったところに、Barrack があり

ここに兵士たちが寝泊まりしていたそうですが

相当狭い事に驚きました。
b0189406_17134854.jpg
兵士とその家族たちが使っていてたお風呂です。

お風呂は社交の場でもあったようです。

b0189406_17134882.jpg



 Snow Hill In Cotswolds

お友達にラベンダーが綺麗ときいて
クイックトリップ!

本当にきれいでしたー、

そして辺り一帯ラベンダーの香りで

深呼吸が気持ちい事♪




b0189406_17134903.jpg
b0189406_07284773.jpg



用事があったのでラベンダーだけ見て
 
ささっと帰ってきたのですが

ちゃっかりラベンダーぺタルを買ってきました。

石鹸用にラベンダーのInfused oil用と保湿オイル用、

残りはサシェを作って
家中に香りを散りばめました♪
b0189406_17135085.jpg


そして、ずーっと行きたかったRoman Bath

子どもが学校に行っている間に夫と行ってきました!

バースの街のど真ん中にあるのも不思議だし

1世紀に建てられたものをこうして観られることも

何とも言えない不思議な気持ちになりますね。
b0189406_17135115.jpg
地下に下りていくと
↓ここは19世に発掘された廊下の石畳です。
b0189406_17135297.jpg
↓本当に温泉が湧いており神聖な場所とされていたようです。

今もガスがぶくぶくと湧き出ているのが見えますが

そこまで暑くはないようです。

ちなみに水の色は、
屋根が無くなったため藻が生えてしまったためで
昔は綺麗だったんでしょうね。

水は常に循環する構造が綿密に計算されており
今も水が流れているのを見ることができます。
b0189406_17135361.jpg
今も発掘作業はされているようで
今後また新たな発見なんかもあったりするんでしょうか?

ローマン帝国については学生時代に世界史で習ったのみなので
わからないことだらけ、、、
もう一度歴史の本でも読んで見ようかと思います!



[PR]
# by lisawell | 2017-07-25 07:37 | Wales | Comments(0)

クンスト編みのボレロ

麻糸で夏のボレロを編みたくて

試行錯誤すること数週間。

ウェールズは、そこまで真夏日になることもなく

サマードレスを着るには涼しすぎる!

っていうことで、7分袖のしっかりしたデザインにしました。

(しかし、実はここ数日30度!

こんなに暑くなるなんて聞いてないぞ~)
b0189406_17095681.jpg

b0189406_17095747.jpg

b0189406_17095721.jpg
クンスト編みでモチーフを作り繋げています。

かぎ針編みのモチーフよりも、さらっと軽く仕上がるので

体になじんでいい感じです♪

糸を残したくなかったので、

エッジングを足しすぎて、

かなりひらひらしちゃってます!






[PR]
# by lisawell | 2017-06-21 17:30 | 編み物 | Comments(2)

ソーダー灰に悩まされる

約一年前 大量に作った石鹸も底をつき

数ヶ月前より石鹸作りを再開しました。

アメリカ同様、苛性ソーダ、オイル類、アロマオイル

などは日本より簡単に手に入るので

気軽な気持ちで作り始めたのですが、

出来上がった石鹸がまっ白!

カマンベールにも見えるほどのソーダ灰の量!!

b0189406_19123558.jpg


ドレインクリーニング用の苛性ソーダと
ペットボトルの水を使用 ↑

周りにはびっしりソーダ灰(炭酸ナトリウム)
中にも反応しきれなかった苛性ソーダがソーダ灰に。

b0189406_19123592.jpg


ミネラルウォーターを精製水に変え
再び挑戦するが、
中に白い斑点状のソーダ灰が見られる。
周りを覆っていたソーダ灰の量は軽減♪

b0189406_19123665.jpg


↑ 次に、石鹸用として売っている
99パーセント純度の苛性ソーダと精製水を使って作成。
中の白い斑点状のソーダ灰はなくなり
周囲のソーダ灰のみ。

ん~~~上手くいかない。。。


そこで、
周囲のソーダ灰は温度管理に注意すれば
改善される気がするので、

もうこうなったら徹底的に
ヨーグルトメーカーを使用し
保温バッグ内を40度に保温しし、
36時間鹸化させてみた結果↓

b0189406_18495245.jpg

ソーダ灰はない!!

でもゲル化、、、

デザインにこだわっていない私にとっては
マイルドかつ崩れ難いゲル化した石鹸は
作ってみたかったものなので嬉しい。
(↑負け惜しみではありません、、、)

結論としては、
材料はこのままで問題なさそうなので、
あとは温度管理で大量のソーダ灰は解決できそうです。

ゲル化を避けるためには、
保温温度と時間をもう少し調節しなくてはいけませんが
イギリスでも石鹸作りを楽しめそうで良かったです♪


[PR]
# by lisawell | 2017-05-26 16:37 | soap | Comments(3)

眠りから覚めた毛糸!!

なんとも個性的な緑の毛糸

これを買ったのはダラスに入る頃なので

ざっと5年前!

小物を作るにもレーヨンが入っているので

形が整わず、服も微妙な派手さ、、、。

と言うことでながーいこと眠っていた糸ですが

ちょっと暇だったので

ボレロ風カーディガンを編んでみたら

b0189406_18351568.jpg

b0189406_18351609.jpg


意外と良い感じに仕上がりました♪

水通ししていないので、

雨の日は色落ちする予感、、、

もしますが初夏に活躍しそうです。


[PR]
# by lisawell | 2017-05-24 18:37 | 編み物 | Comments(2)